商品紹介 基礎・構造・断熱材

基礎 安心のベタ基礎工法は、「立ち上がり幅オール15cm仕様」と、「コーナー耐震補強」で、さらにパワーアップさせています。

立ち上がり幅オール15cm コーナー部分の耐震補強
i特注の鋼製型枠を使用 鉄筋の配筋にもこだわります。
1.ハンチ付鉄筋
2.コーナー補強鉄筋
  • 地盤改良工事が必要な場合は、別途工事費用が必要となります。
  • 当社加盟保証機関により、地盤10年保証への加入も可能です。
  • その他、擁壁工事、堀込車庫等の工事についても、より良いご提案をさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

本体構造 木造軸組工法 日本でもっとも伝統的な木造建築の建築方法、「木造軸組工法」を採用しています。柱・梁・筋交いなど、木の軸を組み立てて建物を支える工法です。

住宅用活性化木炭塗料 スーパーカーボンコート
1Fの柱には、湿気やカビ等の発生を抑え、防腐、防蟻効果を発揮し、さらに化学物質も吸着してくれる環境にやさしい木炭の水性塗料を塗りこんでいます。
羽子板金物
小屋梁と軒桁、軒桁と柱、胴差と床梁および通し柱と胴差の接合に使用します。
短冊金物
2F の床梁および管柱の連結などの補強に使用します。
ホールダウン金物
建物を支える基礎から土台や柱が抜けないように、柱と土台を緊結するための特別なボルトで、住宅の四隅など特に重要な部分に使うもの。
筋交金物(写真左)
建物に加わる横からの外力を防ぐ筋交を補強しています。
柱頭・柱脚金物(写真右)
土台と柱、柱と横架材を接合する金物。

1F床下

床下断熱材
完全密閉状態の独立気泡が無数に集まっているので、水の中に浸積しても表面に水分が付着するだけでほとんど浸透しない押出法ポリスチレンフォームの40mm断熱材です。
結露の発生を防止し、ダニやカビの発生もなく、建物の耐久性も向上。
鋼製床束
床下から家を支える床束には、湿気に強くシロアリからの心配もない鋼製の床束を採用しています。従来からの木製床束と異なり、長い時間を経ても痩せたり腐ったりする心配もなくメンテナンスもほとんど必要ありません。
土台
土台には防腐・防蟻処理剤を加圧注入したヒノキを使用しています。
基礎パッキン
基礎と土台との間に挟みこむことで基礎内に湿気が溜まらない様にし、土台の腐食を防ぎます。ノキを使用しています。

2F床下

耐水石膏ボード
一般的に耐水石膏ボードは、水周りの壁にだけ使われることが多いのですが、弊社では、2Fのフローリングと床板(28mm)の間に挟むことで、歩いた際の衝撃を吸収し、1Fへと伝わる振動や音を大幅に軽減します。
また、石膏ボード自体に断熱効果があるため、冷たい空気や暖かくなった空気の出入りを食い止める役目もします。
養生シート
1Fも2Fも床板が貼り終わると、建築中の雨や、汚れなどからしっかり守るために、防水性の養生シートを貼っていきます。

断熱材 フォームライトSL 省エネルギー効果に優れた理想の吹き付け断熱材

一般住宅の壁 フォームライトSLを使用した壁
断熱材と構造材(柱・土台)のわずかな隙間から冷気が壁内に侵入している為、温度差が大きい。 フォームライトSLは構造材(柱・土台)に接着をする為、冷気の侵入が無く、温度差が小さい。