むらくも建築工房より最新情報をお届け 建築現場の近況

新築 奈良市西大寺国見町

基礎工事が終わり続いて配管類の敷設も完了している奈良市西大寺国見町の新築現場では、土台伏せがスタートしています。

 

▼いよいよ土台伏せをスタートさせた奈良市西大寺国見町の新築現場

 

 

▼快晴が広がる中、現場には各種資材が搬入され黙々と工事が進められて行きます

 

 

 

▼ベタ基礎の上に基礎パッキンが乗せられ、土台で挟み込んだような形になり、基礎への通気を確保します

 

 

▼大引の下には鋼製の床束が施工されガッチリと支えています。また、昔の布基礎の時代では床束は木製の角材が使われていましたが、現在の鋼製床束は後にメンテナンスで高さを調整できるので、経年による床の不具合にも比較的容易に対応することが可能です

 

 

▼次は床下断熱材の施工へと進み、床用の下地合板が張られると土台伏せが完了となります