むらくも建築工房より最新情報をお届け お知らせ

【Pick Up! 施工例】むらくも建築工房の家 #20

 

【Pick Up! 施工例】では、過去に施工してきた様々な物件をご紹介し、むらくも建築工房の家造りに対する熱意や信念等を垣間見て頂きながら、これから家造りやリフォームを検討しようとお考えの皆様のご参考になるようご説明して行きます。

 

◆Pick Up! 施工例 むらくも建築工房の家  #20 / マンションリフォーム 大和郡山市朝日町

 

▼前回に続き今回もマンションリフォームをご紹介します。前回紹介した現場では、クラシックなイメージが一転、ナチュラルでモダンな印象に生まれ変わりましたが、今回はどのように変化していくでしょうか?間取りの変化や造作物なども気になるところです!現在マンションにお住まいで、リフォームをご検討されている皆様必見!!こだわりを持って丁寧に施工した「むらくも建築工房」の現場がどんな風に生まれ変わっていくのか?きっと家造りやリフォームの参考なること間違い無しです!

 

 

 

▼玄関ホール

■ビフォー

着工前。全体的に暗い印象で古さを感じる建具類や土間のタイル。経年の汚れはもちろんのこと、劣化も出てきた玄関ホール。

 

 

 

●アフター

フローリングやクロス、シューズボックスや建具類、土間のタイルが新設されたことで、暗かった印象が明るくなり、ブラウンの木目調建具が空間を引き締めモダンな雰囲気になった玄関ホール。

 

 

 

 

▼洋室 その1

■ビフォー

以前は二間続きの和室だった室内。畳は色が変色し傷みや損傷も見受けられます。

 

 

●アフター

リフォーム後は、奥の和室の一部をリビングに変え間取りを作り直し、洋室と収納部屋を作りました。空間全体がホワイトで統一されているので、ドア類の木目調ブラウンが際立って美しい表情を見せています。

 

 

 

▼洋室 その2

■ビフォー

古めかしさを残す着工前の洋室内。

 

●アフター

施工後の仕上げは重厚な雰囲気になり、以前の古いタイプの薄い幅木はしっかりとした肉厚の木目調に変わり、建具類との調和も取れています。

 

 

▼リビングダイニング

■ビフォー

着工前は、LDKと和室が完全に分かれた空間構成で、使い勝手などを考えると物足りなさを感じます。左側の奥にはキッチンもあるのですが閉鎖的で暗く、オープンに繋がっているのですが、何故か隔離されたような印象でした。

 

 

 

 

●アフター

リフォーム後は、和室の一部がリビングに変わり壁が撤去されたことで大きな空間が出来上がり、全く違う雰囲気に生まれ変わりました。窓からの光も以前より増え非常に明るい室内になっています。

 

 

 

▼キッチン

■ビフォー

奥に隠れて閉鎖的な印象を受ける着工前のキッチン。全体的な仕様が古く使い勝手は良くないようです。収納部分なども整理しにくく、一部のドアは丁番の劣化により機能しなくなっています。シンク周りの構成や水栓なども古く使いづらさが目立ちます。

 

 

 

 

 

●アフター

引き戸中心の収納変わり使いやすさが大幅に向上したキッチン。パネルカラーは明るいホワイトで、上部収納の一部はハンドルを引き下げることで棚が降りてくる優れもの。以前とはシンクや作業スペースの位置関係が改善され、より効率の良い動きが可能になりました。

 

 

 

▼キッチン周辺の造作棚

配置箇所そのものは大きな変化は無いものの、隔てていた壁を撤去し造作でカウンター収納を設けたことで、風通しや見晴らしの良い開放的な空間に仕上がりました。カウンター下部の収納は可動式でダイニング側とキッチン側にそれぞれ設けられ、キッチンの向かえ側にも造作による大容量の収納棚が備わっています。

 

 

 

■施工中の様子

前回のマンションリフォーム現場では、リビングダイニングを中心に工事過程をご覧頂きましたが、今回はキッチンに的を絞って解体開始から完成までの様子を公開します!どんな風に工事が進んでいくのか、どんな施工が施されているのか、完成してしまうと見えなくなる部分も多いので、弊社の施工がどういう内容なのかを、参考までにご覧頂けたらと思います。

 

 

 

▼解体開始

既存のキッチンを丁寧に解体して行きます。

 

 

▼ダイニングとの間を隔てていた壁も含めてキッチン本体は全て撤去されました。

 

 

▼電気配線の仕込みや各種配管類の新設工事が完了し、大工工事へと下地造りを引継ぎます。

 

 

▼新たにキッチン周りの下地造りが進み始め、すでに下地が出来上がった箇所にはボード施工がスタート。電気配線も新たな箇所に仕込み直され、各種コンセントやスイッチなどの開口が設けられたりしていきます。

 

▼新たにカウンター収納の下地造りが進み、全体の雰囲気が整って行きます。

 

 

▼大工工事による下地造りが終わり、キッチン本体の新設工事がスタート。丁寧に、そして慎重に施工が展開されて行きます。

 

 

▼キッチン施工後、壁や天井にはパテが塗られクロスの下地造りが行なわれました

 

▼造作棚には塗装が施され、クロス工事が進み最終的に養生シートが撤去され、美装による洗い施工後、動作確認の最終チェックを行い引渡しとなります

 

 

 

 

▼洗面室

■ビフォー

古く機能性の見劣りも著しい以前の洗面化粧台。床のフロアも全体的に黒く変色しクロスにも劣化が出始めています。また、天井には後付で突っ張り棒が設置されていました。

 

 

●アフター

クロスやフロア、洗面化粧台が新設された室内。三面鏡裏にも収納が備わり、水栓はレバー一つでお湯も水も調整が可能で、水栓を引き出してホースのように延ばすことも出来ます。高い位置には造作で収納棚を「コ」の字に設け、さらに使い勝手を向上させました。

 
▼浴室

■ビフォー

浴槽が深く昔ながらのお風呂だった浴室。棚らしい棚は見当たらず非常に簡素な造りで、経年おカルシウム汚れで白く変色した箇所が多数見られます。シャワーの高さは二段階にしか調整できず、お風呂のお湯はり手動による温度調整が必須でした。

 

●アフター

既存の浴室を一度綺麗に解体撤去した後、下地を整えてシステムバスを施工した浴室。フロア部分はお手入れの楽な樹脂製で、壁はブラウンの木目調のアクセントパネルが使われています。換気は24時間強制換気により湿気の心配もありません。また、浴室暖房乾燥機能も完備しているので場合によっては、部屋干に使ったり入浴前に浴室内を温めておくことも可能です。以前よりも格段に使いやすくなった棚も配置され、シャワーも自由に位置を調整できるようになりました。浴槽は以前よりも広く浅めになり快適なバスタイムを満喫できそうです

 
▼トイレ

■ビフォー

一昔前では一般的だった機能性皆無のトイレ。こちらも洗面脱衣室同様に床のフロアが黒く変色しクロスにも傷みが出ています。

 

 

●アフター

リフォーム後は、クロスやフロアが一新され清潔感のある仕上がりになり、トイレ本体はリモコン操作できるようになりました。以前よりも節水力が高く機能性も備わり、使いやすく生まれ変わっています。


 

 

◆今回紹介した大和郡山市朝日町のお家は如何でしたでしょうか?

家造りやリフォームについて真剣に向き合うとき、なかなか見えない空間のアイデアや発想など、家造りのプロ集団でも完璧に実現していくことは難しいのですが、こうして過去に施工した家を振り返ることで、弊社自身も改めて発見できる部分もあり、お客様にとっても家造りやリフォームで利用できる何かしらのヒントになるのでは無いかと思います。是非、参考にしてくださいませ!

 

弊社では、各施工例のパンフレットも多数ご用意しておりますので、気になった仕様や家造りの相談など御座いましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。